• 清水ゆい

女性スタッフが多い風俗店?【元オペレーター清水の日記~初めての全体会議とお食事会~】vol.1




初めまして!元東京担当オペレーター清水ゆいです。


本日から求人のブログを担当させていただくことになりました!

ということで軽く自己紹介をば。


東京出張マッサージ委員会Zのオペレーターをずっと担当しておりました。5年くらい!

今は内勤の他の業務を担当しています(このブログとか!)


出張マッサージ委員会ってどうなのかな?

少しでも当店に興味をもってくれている方に

我が社の、特に内側サイドの雰囲気が伝わるといいなあと願いを込めて、日記を綴ることにします!


『内勤女性スタッフがとっても多い当店は、珍しい?』


風俗店でここまで内勤スタッフに女性が多いのってけっこう珍しいのではないかな?と思います。

委員会本部の中にも女性の方がたくさんいらっしゃいますし

清水が在籍していた東京エリア担当のオペレーターは全員女性です。


ぶっちゃけますと、全員女性の風俗店内勤なんて絶対どろどろしててヤバそう

というイメージしかなかったのですが(偏見)


当時私が入ったオペ室は完全に平和で温かくて、こんなのありえる?って思いました。

あまりにも信じられなかったので

ああなるほど、このオペ室だけが特別なんだな!いい環境で働けてラッキー!

と思って働いていたわけです。


ところが最近業務内容が変わり、オペレーターとはまた別の広報部にいれてもらうことになり、

初めて本部の大先輩の方々とお会いすることになったのです。

今までは文章のみでのやり取りでお会いしたことは一度もなく、特に私は末端の下っ端のオペレーターだったのでほとんど本部との関わりは無いに等しい状況でした。


めちゃくちゃおびえながら迎えた全体会議。

小刻みに震えつつなんとか皆様に挨拶をしたわけですが、



そ、想像以上に女性が多い、、!



いや知っていたはずですけど、改めて集まってみると圧巻。

会議に出席した皆様の半数は女性スタッフさんでした。


緊張しすぎて視線が定まらない状況でしたが、なんとかぎりぎり会議をこなし

(挨拶して席に座っていただけ。)

いざお食事会へ!


いやめっちゃこわい(怯えすぎ)


か、会社の飲み会のマナーとか学んでくればよかった、、

自分世間知らずすぎて気の使い方がわからないしんどい

ちゃんと社会人やってきた経験値なさすぎてオロオロがとまらない

とりあえず飲むしかない


くらいのひどい状況だったのですが、


「次何飲む?」

「たくさん食べてね」

「食べたいものある?」

「好きなもの選んでいいんだよ」

「まだ慣れないでしょう、困ったことがあったら言ってね」


優しすぎびっくりする。

泣いちゃう。


女性が多い職場なんて、しかも風俗の内勤なんて、

私のような世間知らずのガキはいじめられると思ってた(偏見)


どう考えても私が気を使わなきゃいけないシーンなのに

逆にめちゃくちゃ気を使っていただき、超優しくされてすっかり安心してしまい

ビールがばがば飲みすぎたし、お腹はちきれそうになるまで食べました(最低)


初めての台湾料理は無敵に美味しくて、しっかり店名を写真におさめました。

今度一人でも行ってみよう。









『女性同士だからこそ、わかることもある。』



余談ですが、次の日に事務所の鍵を取りに行くために

自分がいる事務所とは別の事務所へご挨拶に向かいました。


そしたらあったかいコーヒーとお菓子だしてくれて

「女の子を預かるんだからね、何か足りないものない?大丈夫?」

なんて言っていただいてしまって。あったか。

一緒に広報に移動して来た宮沢と思わず涙ぐみました。


とにかく女性に対しての愛があふれていて

セラピストさんの話をされるときにもそれがにじみ出ているような

あったかい方でした。完全に皆のお母さん


その時に


女性だからこそ伝えやすい悩みや、話せる内容って

やはりあるんだよなあと思いました。



このジェンダーレスが叫ばれる時代に女性も男性もない男女平等

っていうのは理解できるし

一人の女性として性差別についてはいろいろ考えたりします。


けど単純に同じ性別の仲間として言い合えたり

分かり合えたりする部分ってあるよな、


理解しやすかったり、共感できたり、ただ話すだけでホッとできたり。


本部の先輩方のセラピストさんへの対応を肌で感じて

ああ、女性が内勤スタッフに多いからこそできるシステムやサービスってのは

あるのかもしれないなって思いました。



『あとがき』


うーん、しかしいいことばっかり書くとなんだか嘘っぽいですね。笑


今後は大変だったことも!書きます!

広報部新人、ペーペーの下っ端がトーキョーでどたばたする毎日のりあるを

これからも書いてゆきます。


求人ブログのはずだったけど

ただの清水日記になったけど大丈夫かな(多分だめ)


ではまたね!

まだ見ぬ貴方にいつかお会いできることを夢見て。


清水ゆい

73回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あなたは必要とされている件

ある学生が先生に質問した。 「人間は、なんのために生きてるんですか?」 すると、先生はこう答えた。 「そんなこともわからないのかい? 簡単だよ。 人は、誰かの役に立つために生きてるんだよ」 こう答えたのは、あの有名な、 理論物理学者アルベルト・アイシュタイン。 すばらしい。 なるほど。 人の役に立つためか。。 たしかに、人は、とかく自分を見失いがちだ。 自分のためにしか生きない人生なんてつまらない

ヴィーブコースのページ内容を変えました

5月から委員会に新コースが誕生した。 なんと、正規メニュー化入りしたのは、実に10年ぶりだ。 それが、ヴィーブセラピーコース。 メニュー正式採用までに、講師たちが3年を費やして研究開発してきた肝煎りコースである。 リリースから1ヶ月少々過ぎ・・・、 ここ最近、 ヴィーブセラピーコースのお客様の反応を見て、 スタッフさんやセラピストさんたちの意見を聞きつつ、 あれこれ試行錯誤しているところだ。 ヴィ

ニワトリが先か?卵が先か?

昨日、スタッフ間で面白いやりとりがあった。 たった一つの「集客案」に対して、セラピストみんな嫌がって誰もやらないから、その案はやめろ、 という。 ほう。なるほど。いつものことね。 何かを決める時、きまって必ず 「とりあえずやってみよう派」は1割、 「絶対やらない派」が2割、 そして残り7割は、反対寄りの「懸念派」4割と、 決まったらそれに従います「お任せ派」3割である。 そうなると、ざっくり 【賛