• ののみん

相模原の女性が考えた「確実にお金を得る」方法



皆さんこんにちは☆

出張マッサージ委員会講師ののみんです!


今日…9月ですよね?


この日差し…この暑さ…


まるで真夏のよう( ̄□ ̄;)


台風で散らかったお家の周りを片付けた後

台所に立つ気力がなく、お昼ご飯を食べようと

お出かけしたのですが、微妙にショックな出来事が…^^;


(;´д`)トホホの理由は…


講師ののみんInstagram





✂――――――キリトリ――――――✂



【相模原の女性が面接に来てくれました!】


先日、相模原在住の女性が面接に来てくれました。


女性は30代後半。普段はOLさんとして働いてるそうです。


清潔感があって、会社で後輩から慕われ、先輩からは可愛がられるような、好感度が高く、クリっとした目がキレイな若々しい女性♡


「相模原市内で店舗型のメンズエステの求人を探したんですが、なかなかココ!という所がなくて…」


ということで、神奈川出張マッサージ委員会の求人にお問い合わせ頂いたみたいです。


女性のお話を聞きつつ、お仕事の内容等をざっくり説明して、講習の内容もお話したり。


和やかな雰囲気で、面接は終わりました(^^)



【当たらない宝くじより…】


今回の女性から聞いた話で印象的だったのが


「やっぱり昼間の仕事だけだと、かなり切り詰めた生活をせざるを得ないんですよ。」


「よく友達同士で、宝くじが当たれば人生変えられるかもね、って話してました。」


「でも、この前その話をしてる時にふと、当たらない宝くじに期待するより、思い切って高収入のバイトをした方が、確実に今の生活を変えられるんじゃないかな?って思ったんですよね(^^)」


という話。


確かに


宝くじが当たればなぁ…とか


宝くじが当たったら何しよう?


なんてアナタも考えた事ありますよね。


ののみんも、ジャンボ宝くじの季節になると、よくお友達と話してます。


アレして…コレして…なんて、お話してる時は楽しいですよね(*^^*)


ですが、宝くじの1等当選確率はおおよそ2000万分の1!(・д・。)


その2000万分の1の確率を夢見るより、思い切って高収入のバイトで稼いだ方が遥かに現実的です。


この話を聞いて


「現実的だけど、確かに確実で賢い選択だなぁ…」


と感心して聞いてました。



【メンズエステは風俗初心者さん向き♡】


今回の女性、風俗で働いた事は殆どなく。


当店に面接に来る前に、1度だけデリヘルの体験入店に行ったけど、やっぱり怖くて数時間で帰ってしまったらしく。


「私には脱ぐお店はハードルが高かったです…」と。


その後風俗について調べてみたところ、メンズエステの存在を知り。


風俗なのに、3ナイなんてあるの?


と、疑う気持ちはあったけど、調べていくうちに


「コレなら私でも働けるかも」


と思ったそうです。


確かに

風俗初心者さんにとって、「デリヘル」や「ソープ」等の風俗バイトはハードルが高く感じるのかも知れませんね。


ですが、「ソフトサービス」と言われているメンズエステ等なら、初心者さんでも入りやすいと思います♡


また、神奈川出張マッサージ委員会は、完全自由出勤なので、昼職との掛け持ちでも無理なくお仕事出来るのも魅力だと思います。


アナタは2000万分の1の確率に賭けて、宝くじを買いますか?


それともホンの少しだけ勇気を出して、確実に稼ぎますか?


「確実に稼いで余裕を持ちたい」と考えるなら、私達がお力になれると思います。


まずはお話からで大丈夫♡


お気軽にお問い合わせして下さいね(^^)


求人お問い合わせはコチラまで

神奈川求人専用LINE

41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あなたは必要とされている件

ある学生が先生に質問した。 「人間は、なんのために生きてるんですか?」 すると、先生はこう答えた。 「そんなこともわからないのかい? 簡単だよ。 人は、誰かの役に立つために生きてるんだよ」 こう答えたのは、あの有名な、 理論物理学者アルベルト・アイシュタイン。 すばらしい。 なるほど。 人の役に立つためか。。 たしかに、人は、とかく自分を見失いがちだ。 自分のためにしか生きない人生なんてつまらない

ヴィーブコースのページ内容を変えました

5月から委員会に新コースが誕生した。 なんと、正規メニュー化入りしたのは、実に10年ぶりだ。 それが、ヴィーブセラピーコース。 メニュー正式採用までに、講師たちが3年を費やして研究開発してきた肝煎りコースである。 リリースから1ヶ月少々過ぎ・・・、 ここ最近、 ヴィーブセラピーコースのお客様の反応を見て、 スタッフさんやセラピストさんたちの意見を聞きつつ、 あれこれ試行錯誤しているところだ。 ヴィ

ニワトリが先か?卵が先か?

昨日、スタッフ間で面白いやりとりがあった。 たった一つの「集客案」に対して、セラピストみんな嫌がって誰もやらないから、その案はやめろ、 という。 ほう。なるほど。いつものことね。 何かを決める時、きまって必ず 「とりあえずやってみよう派」は1割、 「絶対やらない派」が2割、 そして残り7割は、反対寄りの「懸念派」4割と、 決まったらそれに従います「お任せ派」3割である。 そうなると、ざっくり 【賛