• 本部ねこやん

あなたは必要とされている件


ある学生が先生に質問した。


「人間は、なんのために生きてるんですか?」


すると、先生はこう答えた。


「そんなこともわからないのかい?


簡単だよ。


人は、誰かの役に立つために生きてるんだよ」



こう答えたのは、あの有名な、

理論物理学者アルベルト・アイシュタイン。


すばらしい。


なるほど。

人の役に立つためか。。



たしかに、人は、とかく自分を見失いがちだ。


自分のためにしか生きない人生なんてつまらない。




アインシュタインは、


「人は、他人のために尽くす人生こそ、価値ある人生だ」


と解いています。


誰かの役に立つこと!


つまり、人に喜ばれること!


超〜〜納得です。



一方で、


世界的ベストセラー「道は開ける」の著名作家デール・カーネギーはこう言います。


「人は、自分の才能を誰かに見つけてもらうために生きている」


おぉぉ、、この言葉もまたズシリと響く。


生きてるのは、自分の才能を誰かに見つけてもらうため。


なるほどー!!!そっか


たしかになー。つまり、承認欲求のことかな。


子供の頃、とにかく親や学校の先生に認められたくて、無我夢中でもがいていたなー。

がんばってがんばって、あの手この手で周囲にアピールして、時に、いじけたり、すねたり、暴言はいたり、いろんな形で表現していたよ。


大人になって世の中知って冷めてしまって、意図してドライな人間になったけど、


あのころの気持ちが湧き上がってくる。




出張マッサージ委員会には、20代から60代のセラピストがいます。


人が人にサービスする職業。



風俗のお仕事とはいえ、マッサージ委員会は、癒しの職業です。


手だけで施術をして、癒す仕事。


これって、人の役に立つために、立派にやれる価値ある仕事だと思う。



少なくとも、僕はそう思っていて、


お客さんの心も体もスッキリさせてしまう、セラピストは


やっぱりすごいと!


僕は心からリスペクトしている。



たしかに、風俗のお仕事をやろうかどうか考えている時って、


年齢や住まいや経験などで他の人と比較して、


どうせ自分なんて、、、、


と、マイナスメンタルになりがちだ。



でも、諦めないでほしい。



誰かの役に立つために、


そして、


自分の才能を誰かに見つけてもらうために



まだまだやれることはたくさんある!


強くそう思います。



コロナ過だからこそ、人は健康と癒しを求めています。


「もはや自分の人生には委員会がなくては困る!」


こう力説する優良顧客が委員会にはたくさんいます。



私は、今ここを読んでいるあなたに言いたい。


まだまだあなたはやれますよ!



あなたという存在は、人から必要とされている。



41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヴィーブコースのページ内容を変えました

5月から委員会に新コースが誕生した。 なんと、正規メニュー化入りしたのは、実に10年ぶりだ。 それが、ヴィーブセラピーコース。 メニュー正式採用までに、講師たちが3年を費やして研究開発してきた肝煎りコースである。 リリースから1ヶ月少々過ぎ・・・、 ここ最近、 ヴィーブセラピーコースのお客様の反応を見て、 スタッフさんやセラピストさんたちの意見を聞きつつ、 あれこれ試行錯誤しているところだ。 ヴィ

ニワトリが先か?卵が先か?

昨日、スタッフ間で面白いやりとりがあった。 たった一つの「集客案」に対して、セラピストみんな嫌がって誰もやらないから、その案はやめろ、 という。 ほう。なるほど。いつものことね。 何かを決める時、きまって必ず 「とりあえずやってみよう派」は1割、 「絶対やらない派」が2割、 そして残り7割は、反対寄りの「懸念派」4割と、 決まったらそれに従います「お任せ派」3割である。 そうなると、ざっくり 【賛

セラピストとの新しい向き合い方

セラピストさんたちとの新しい向き合い方を考えている。 僕らのお仕事は、コロナで人と会えない時代に、人と人をつなぐお仕事。 1、セラピストとお客様をどう繋ぐか? 2、スタッフとセラピストのやりとりをどう円滑に行うか? 3、お客様とスタッフのやりとりをどう円滑に行うか? はて、、、どう向き合うべきか? まず、委員会本部の方針、新ルール、やることを、セラピストさんたちに、いかに早く、正しく、伝えるか。