みなさん、はじめまして!

私は、「神奈川・出張マッサージ委員会」で新人セラピストさんたちの施術研修の講師を勤めている「ののみん」と言います。

セラピストのみんなからは、ののみん先生と呼ばれています。どうぞよろしくお願いいたします!

 

さて、事の始まりは4月に起こった。

「タイまで行ってさ、チネイザンとカルサイネイザンの資格取ってこない?」

と提案されて

「分かりました!頑張ります!」
と、2つ返事をした私。

いや、本当は… スウェディッシュマッサージのディプロマを取りたかたんだけど…

聞く耳すら持ってもらえず、あっさり却下され(笑)

ジャップカサイ という言葉も初めて聞いて、なにそれ?って。

男性は睾丸マッサージで、女性は膣マッサージもやるの?

しかも本当にタイの国が認定しているディプロマ取れるの?

そんなのがあるの?

普段から、出張マッサージ委員会でも回春エステの施術で睾丸マッサージはやるんですけど、

それとどう違うの?っていう

だんだんと興味が湧いてきて

さっそくジャップカサイ本校に問い合わせたときは、はじめて風俗エステ求人の応募を出した時以来の緊張だった!(笑)

 

急いでパスポートの申請をして
(持ってないのに海外了承って…とツッコミの声が聞こえる気がする…笑)

タイまでの往復航空券を取り

ポケットWiFiの契約をしたり

海外旅行保険の手続きをしたり

マッサージスクールの先生とメールのやり取りをしたり

もちろんその間にも講習などなどこなして。

タイに行ってる間の講習スケジュールの調整をお願いしたりして

本日朝7:30 成田空港に来た私。

朝の7:30にも関わらず、成田空港南ウイングは沢山の人、人…(゚O゚)

「資格取りに行かない?」

って甘いお誘いにノせられていそいそと準備をして成田まで来たけど

日本語しか話せない私が初めて1人で

しかも初めてのアジア!

大分不安な気もする…( ;∀;)

なんか自分が「はじめてのおつかい」に行く3歳児になった気分(笑)

おかーさーぁーん!(ノ≧ロ)ノ<

と叫びたい気持ちをこらえて何とか搭乗手続きも済ませ、いざ出発!

意外とすんなり飛行機に乗れて、まずは一安心♪

バンコクまではこれで無事に行けるなo(`・ω´・+o) ドヤァ…!

と思ったのも束の間

CAさんの殆どがタイの人で、日本語を全く話してくれない事が判明:(;゙゚’ω゚’):

ヤバいよーどーしよー( ;∀;)

と思ったら

隣の席のスーツ姿のお兄さんが色々助けて下さいました(>_<)

どんくさい妙齢女子に手を差し伸べてくれてありがとう☆

人の優しさに触れて感激しつつ、

機内サービスのおつまみにホッコリしつつ、バンコクへ。

そしてこの日最大の難所

入国手続き&乗り換え…:(´◦ω◦`):

 

経由したタイの空港は広すぎて迷うかも…と思ったけれど(実際西と東間違えたし…笑)

入国カードを飛行機の中で書いてあったし、記入漏れもなかったので、拍子抜けする位あっさり通れたのが良かったのか、特に他で手こずる事もなく、ちゃんと乗り換え出来た。

偉いぞ、私♪

誰も褒めないだろうから、自分で褒めておこう(笑)

無事にチェンマイ国際空港まで辿り着いて

ちゃんと荷物も受け取って

 

出口を出たら

オン先生&まなみ先生がゲートの前でプラカード持って待っててくれました∩(´∀`)∩ワァイ♪

プラカード見た瞬間、すごい安心感で

初めてお会いしたのに駆け寄って

「先生〜!ありがとうございます!( ;∀;)」って硬い握手を交わし♡

先生はすごくニコニコしてて

あー、ここに学びに来れて良かった!

と、心から思えた☆

先生が空港の駐車券を落として駐車場を探すと言うハプニングもありましたが(゚O゚)

先生の運転で、空港からまっすぐにスクールのゲストハウスへ♡

そして今日から半月お世話になるお部屋に案内してもらう(o^^o)

エアコン&トイレ、シャワー付き個室♪

高温多湿なタイでは、暑さと湿気に弱い私は絶対エアコンルームで、とお願いしてたんですが、シャワーもトイレも個室に付いてるなんて、快適過ぎかも♡ってくらい嬉しい♪

ここまで来て、荷物を置いて、並べてみて

やっと安心したのか、ドッと疲れが…<(; ̄ ・ ̄)

慣れない事に奮闘したし^^;

おかーさーぁーん!(ノ≧ロ)ノ<って叫びたくなったし(笑)

とりあえず明日に備えて

シャワーを浴びて

ベットに座った…気がしたんだけど

気が付いたら朝6:30の目覚ましが鳴ってた
(゚Д゚≡゚Д゚)?