トップページ
貴女のテクニックが求められています

昭和を代表する文学者のひとり、小林秀雄さんが、
人の個性というものをテーマにして語った講演で、こんな意味のことを言っていました、



「個性を持つということは人間にとって大事なことだけれど、
『容姿の良しあし』は個性ではありません。

人間は生まれたときから宿命のように、
個人の努力では変えられない特徴をいろいろと持っているものです。
けれど、それらを卑下したり誇ったりするのではなく、

いろんな努力を通じてその特徴を乗り越える『何か』を獲得することが大事なのです。
努力を通じてつかみとる『何か』こそ、個性なのです
と。



正確な文言を書き写したものではありませんけれど、小林さんの言ったことは、
今、千葉出張マッサージ委員会の求人を眺めている貴女の参考になるはずです。


たとえば、求人に応募するのをためらっている貴女には。

「容姿に自信がないから応募できない」という貴女には……。



千葉出張マッサージ委員会は、分類するなら性風俗業のカテゴリーに含まれるお店です。
男性が、性的な意味で気持ちよくなってもらうことを旨とするサービス業です。

女性的な魅力で男性をメロメロにするサービス業だ、と言い換えてもいいかもしれません。
であるからこそ、貴女は応募をためらってしまうのでしょう。


性風俗業で求められる「女性的な魅力」というのは、
たとえば男性向けの雑誌のグラビア写真で目にする女性の姿のようなものだと、思ってしまいがちです。

スタイルの良さとか顔かたちの良さというのが、男性の求めるものなのだと。
「だから、その点でグラビアアイドルとかセクシー女優とかに劣ってしまう私は、きっと採用してもらえないだろう……」と。


しかし、少なくとも千葉出張マッサージ委員会では、そういうことはありません。
小林さんが言ったような「努力の中で獲得する『何か』」というものを、委員会は大事にするからです。


簡単に言えば、

委員会のサービスは容姿ではなく、
女性のテクニックで勝負するものなのです。



委員会が男性に提供するサービスは「マッサージ」です。

メンズエステの側面を持つ風俗サービスであり、
アロマオイルを使ったマッサージなどで男性の身体にリラクゼーションの効果をもたらし、
同じくマッサージで性的な意味での気持ち良さを、男性にもたらします。


マッサージは「手技」と呼ばれることがありますが、
委員会のセラピストになることは、いわば技術職に就くことを意味します。

「手のワザ」を使いこなして、リラクゼーションと性的快感を男性に与える技術者として、働くことを意味するのです。


そのサービスを提供するとき、

委員会のセラピストは、

他の性風俗のお店に勤める女性のように服を脱ぐことはありません。

身体を触らせることもありません。

だから、容姿は重視されないと言えるのです。



むしろ、ほっそりしたスタイルの女性よりも多少ぽっちゃりした女性のほうが、
人気を獲得しやすいというのも、メンズエステ風味の風俗店の特徴です。

男性はサービスの間、その身を女性の手にゆだねることになりますが、
包みこむような優しさを感じられる体型の女性のほうが、男性はより安心感を得やすいのです。

あたたかく柔らかい手指が加える刺激が、男性にリラクゼーションと性的快感を与えるのです。



だから、逆に言えば、

多くの女性がコンプレックスに思いがちな「ぽっちゃり体型」のようなスタイルの問題は、

千葉出張マッサージ委員会で働く際には
男性からの人気を得るための武器にさえなるのです。



ところで、ここで言う「手技」こそ、
小林さんが言うところの「努力の中で獲得する『何か』」にほかなりません。

千葉出張マッサージ委員会の求人に応募しようか迷っている女性が、迷ってしまう理由には、
容姿の他にも「経験の有無」が挙げられると思います。


むしろ、ここで上に「テクニックで勝負」などと書いたおかげで、
いっそう経験の有無を理由にためらう気持ちが大きくなってしまったかもしれません。
「マッサージをする仕事の経験はないから、テクニックもない」ということで。


けれど、経験のなさ、テクニックのなさも、千葉出張マッサージ委員会では問題になりません。


未経験の女性には、
エステティックマッサージや性的快感を男性に与える回春マッサージを教える専属の講師がいて、
講師の先生が教える講習がおこなわれるからです。


その講習を通じて技術を学びながら、仕事をすることができるわけです。




仕事のための講習を超えて、資格のための講座での勉強をさせてもらえるという制度も、
千葉出張マッサージ委員会は取り入れています。


勉強をし、努力を重ねた中で獲得する資格は、
性風俗業だけでなく世間一般で通用する立派な「個性」として、活用できるものとなるのです。

 

 

 

 

 

個人サロンの開業に向けて

千葉県のお隣は日本の首都、東京都。
千葉県内に仕事を持っている人はたくさんいますが、
同時に、千葉で生活しつつ仕事の場は東京に置いているという人も少なくありません。



東京の企業でサラリーマンとして働き、夜になると千葉へ帰ってくるという男性もいるわけです。

千葉出張マッサージ委員会を利用する男性の中には、そんな生活を送っている人が少なくありません。
東京から、東京メトロを使って千葉県浦安市へ、船橋市へと移動する男性も多いのです。
千葉県内の各市は東京のベッドタウンとしての役割を持っているわけです。



人がベッドタウンでおこなうことは何かというと、それはベッドで寝ること、そして寝る前にリラックスする時間を持つこと。

だからこそ、マッサージを提供するエステサロンは、千葉県内になくてはならないものなのです。
特に昼間働いて帰ってくる男性に向けたメンズエステのサロンが、必要です。



千葉出張マッサージ委員会は、
働く女性がエステティシャン・セラピストとして独立して、自分のエステサロンを開業するのをサポートしてくれます




千葉出張マッサージ委員会が盛況なところを見ても分かるように、
ベッドタウンの千葉なら、エステサロンが成功することは間違いありません。

将来、「自分のお店」を経営したいという夢を持っている人は、ぜひ千葉出張マッサージ委員会の求人に応募してみてください。



夢を叶えるために必要なすべてのことが、委員会に入店することで可能になるのですから。




女性が「自分のお店」を持つとき、
たとえばスナックのような飲み屋を想像する人は多いかもしれません。

実際、水商売系の仕事をしつつお金を貯め、
コネを作ってスナック開業を果たす女性は少なくありません。


ただ、スナックはエステサロンに比べると開業し、
経営するまでにいろいろと面倒、大変と思われることが多いものです。

スナックは飲食業ですから設備の整った物件を探さなければならないし、
風俗営業の届け出をしなければならないということも忘れてはいけません。

しかも、風俗営業の申請から認可までは、長くて2ヶ月という長い時間が掛かります。



それに比べると、同じく女性が開業できる「自分のお店」の中でも、
エステサロンは開業までの流れに面倒なところはあまりありません。



エステサロンの開業に必要なものは何かと言うと、
サロンのためのスペースと、個人事業を始めたことの届け出のみ。

届け出先は税務署で、開業したあと、1ヶ月の間に出せばいいので簡単です。
事前の「開業届け」は、出さなくても大丈夫なのです。

おまけに、美容院や整体院などとは違い、マッサージ・エステの資格は国家資格などではありません。
資格がなければ開業できないということはないのです。

誰もが開業できる「自分のお店」なのだと言ってかまいません。



それでも、1から10まで自分でやるよりは、
やはりサポートをしてくれるものがあったほうが心強いし、サロンを軌道に乗せやすくなります。

千葉出張マッサージ委員会は、
これまでにも多くのサロン経営者を送り出した実績を持っていますから、そういう意味で言えば頼りになる存在なのです。



何よりも、委員会で仕事をすればマッサージの技術を身につけられます。
資格なし、経験なしの人が、見よう見まねのアロママッサージでサロンを経営しようとしたら、必ず失敗します。

でも、経験があればサロンを訪れた人に満足してもらえますし、
そこから口コミでお客さんを増やしていくということも出来るでしょう。

また、千葉出張マッサージ委員会で働く中で、
アロマセラピー、タイ古式マッサージなどのセラピストを名乗るための資格を取得できます。
経験を詰めるだけでなく、資格も獲得できるのです。


千葉出張マッサージ委員会はサロンを開業、経営するにあたって、
ちょっとした資金の援助をしてくれます。

そのお金を使ってエステのための備品を揃えるのも良いですが、
広告費にあてれば、口コミを頼らなくても、サロンを流行のお店にすることができます。



トップ * 全国の店舗紹介 * お仕事内容・給与 * Q&A * 運営スタッフ大募集 * お問合わせ * 運営会社 * プライバシーポリシー


当サイトにて掲載の写真、画像、文章表現、キャッチコピー等の著作権は全て
『出張マッサージ委員会』に帰属します。無断使用、転載、複製コピーを一切禁じます。


Copyright©2013“30代・40代・50代の女性のための高収入アロマエステ求人情報サイト”all rights reserved.